夏越大祓祭

半年間、私たちが日常生活において、知らず知らずのうちに身に付いた罪や穢れ、不正不純を神力にすがって祓い清め、残す半年間を無病息災、家運隆昌、商売繁盛を祈願する神事。

夏越大祓 夏越大祓

夏越大祓は六月三十日斎行致します。ご参列下さい。
人形で身体を撫で、息を三回吹きかけ氏名を記入してください。
乗り物形代は乗り物を撫で、氏名・車番を記入下さい。

袋 形代 乗り物形代


大祓式に奏上する大祓詞は参集者に向かって「祝詞をよく聞け」と呼びかけこれに「おう」と称唯(いしょう)して答えるのに始まり、天孫降臨からの日本神話、罪穢の種類の列挙、そしてその祓い方と、その後祓戸大神によりどのように罪穢が消えていくかを言い聞かせる内容となっています。このように、大祓は、これらすでに起きてしまった災厄をリセットして今年の後半を清らかにお過ごしいただく神事です。

ちの輪神事
正面から最初に左回り、次に右回りと 8 字を描いて計3回くぐることで、半年間に溜まった病と穢れを落とし残りの半年を無事に過ごせることを願うというものである。かつては茅の輪の小さいものを腰につけたり首にかけたとされる。これは、『釈日本紀逸文の『備後国風土記』にもある蘇民将来の伝説に由来するもので、武塔神の指示により茅の輪を腰につけたところ災厄から免れ、武塔神は自らを速須佐雄と名乗り去っていったと書かれている。

お問い合せ
TEL 055-233-5573
FAX 055-226-0787
受付時間 8:00~17:00
お問い合せページヘ 〒400-0865 山梨県甲府市太田町10-2
アクセスマップ

地図をリセット 大きい地図で見る